想い

きずや色は、こどもの日記。

携帯やアルバムの中で、
写真として残されていくこどもの成長。
でも、成長を残せるのは写真だけじゃありません。
毎日使う家具もそのひとつ。
日記家具は、あまり家具には使われない
「杉の木」を使ったこども用の家具。
やわらかい「杉の木」だから
毎日遊んだりすることで、
きずがついたり色がついたり。
それはまさに日記。
こどもの成長、家具に記しましょう。

日記家具は、福井の森の日記。

昭和40年以降、森林の再生や建築資材のために
積極的に植えられた「杉の木」。
しかし、人々には安価な海外の木材が受け入れられ
日本の林業は衰退し、森は荒れていきました。
当時こどもだった「杉の木」も、もうすぐ50歳。
日記家具は、そんな福井県の「杉の木」を使用した
こども用の家具です。
成長した「杉の木」からこどもたちに繋ぐ
長い長い森の日記なのです。

自然豊かな福井県から、
日記家具は生まれました。

福井県は本州の日本海側のほぼ中央に位置する、人口約80万人の県。夏は涼しく、冬はたくさんの雪が降る、自然豊かなとても住みやすい所です。山の幸、海の幸をふんだんに頂けるのも魅力のひとつです。そんな福井県の森林面積は75%と非常に高く、森はとても身近にあります。しかしそんな身近な森の木が現在はあまり使われていません。木材の使用が減った事で、本来手入れが必要な森は次第に荒れていき、近年様々な問題が起こってきています。日記家具は福井県産の杉のみを使用する事で、森の再生も目指しています。


やわらかく、 あたたかい肌触り。

手で触れると、なんともいえない
やわらかさとあたたかさが感じられる「杉の木」。
それはまるで呼吸をしているかのようです。
ほんのりピンクがかった色と軽さも特徴です。

私たちの、生活の日記。

マエダ木工は、木の魅力を生かした
オリジナル家具やオーダー家具を
つくっている木工所です。
そんな前田家には、現在2人の小さな子供がいます。
日記家具は、日々の子育ての中での
「こんな家具があったらいいな」を形にした、
私たちの生活の日記でもあるのです。